一周年のはなし


こんばんは、ご無沙汰しております、井上です。
春俟つ枕終演いたしましたという文章はまた後ほどあげます、(たぶん)

さてみなさま、
4月29日をもちまして、露と枕一周年迎えました!!
いつも応援してくださっている方々や、関わってくださっているすべてのみなさまのお陰でございます。本当に有難う御座います。

この一年様々なことがありまして、
何なら当初の計画では今年出るはずだったシアターグリーン学生芸術祭に出させていただけたり、
有難いことに最優秀賞をいただけたり、
準劇団員が四人も入ってくれたり、
Vol.2にして大阪公演をやらせていただけたり、
おうさか学生演劇祭でたくさん賞をいただけたり、
とにかく嬉しいことばかりでした。

同時に学ぶこともたくさんありまして、
一番はやはり、私の中で何が私に演劇を作らせているのかを公演の中で発見できたかなと、一年を振り返って思います。
言葉にできたり実現できたりとは別なので、まだまだなんですが、
着実に何歩かは進めたような、そんな気がします。

劇団員、準劇団員、スタッフのみなさま、関わってくださった、観てくださったすべてのみなさまの言葉が、これまでの軌跡を作っていると実感する一年でした。
改めまして、本当に有難う御座います。


露と枕二年目は、弱化の一年です。
露と枕は弱い人たちのお話を作る団体なので、わたしたちはもっと弱くなります。
弱くなるためには、もっとたくさん想像しなくちゃいけないし、もっとたくさん出会わなければならないし、もっとたくさんコミュニケーションも、身体も、発声も、学ばなければなりません。
わたしたちは弱くなるために、強くなります。
たくさんの弱い心も体も、知っていく一年に出来ればと思います。

二年生になった露と枕を、今後ともよろしくお願い致します。

2019年4月30日
露と枕 代表 井上瑠菜

0コメント

  • 1000 / 1000