ご報告と、『桎梏ブランコ』のはなし①



どうも、井上です。



連日、旗揚げのこととか、次回公演のこととか、嬉しいご報告が出来て、

皆様のお声を興奮気味に見させていただきながら、

ああ、やっと始まったのだなあ、

と一人、ミルクティーを飲みまくる日々を送っております。


皆様、本当にありがとうございます。


あまり言葉にしすぎると薄れてしまうような気がするので、

やっぱり演劇で、返していければと思います。



露と枕、シアターグリーン学生芸術祭vol.12に参加いたします。



詳細の発表は、色々な準備が終わってからさせていただきますが、

早大劇研からはvol.7で出場したTricoboに続き二団体目の出場です。

是非詳細をお待ちください!!





さてさて。

きちんとしたご挨拶をしていなかったので、改めて。

露と枕旗揚げ試演会『桎梏ブランコ』、4月23日を以て終演いたしました。

連日たくさんのお客様に観に来ていただき、感無量でした。

ご来場いただいた皆様、携わってくださったすべての皆様に、改めてお礼申し上げます。



Twitterでも書いたんですが本当に早かったです。

あれよこれよと考えたり悩んだりしているうちに、もうこんな時期?!みたいな経験をいっぱいしました。


そして初日には、もう初日?!と言いながら、携帯を割り、

千秋楽が終わってほっとしていたら、携帯をトイレに沈め、

現在代替機で生活しています。


携帯運がないんです。

ていうか粗雑なんですね。改めようと思います。



話が脱線しました。

今回はそんな感じで「はあ?!早えよ!!!」とか一人で言いながらやってたんですが、

それもこれも、いろんな挑戦をしたからだと思います。


何が挑戦?と良く聞かれましたが、何か、全部です。

というか今回で学びましたが、挑戦とか言ってるけど、毎回挑戦だよなって。

でも、より、挑戦しました。



一番は、とりあえず嫌われてもいいから、やばい話がやりたい、と。



やばいっていうのはちょっと広義なので、限定するなら、

私個人の精神衛生上良くない感じの、やばい話。

という意味です。


あまり目を向けてこなかった(向けようとしなかった)感情に目を向けてみる。

定義したくない感情を、定義してみる。

正当化していることを無にかえす。

などなど。


役者にたくさん自分を見せてもらって、

共感する嫌なところ、どうしても目に付く気になるところ、

共感できない愛しいところ、

様々な要素を勝手に抽出したつもりになって、

拒絶反応と背徳感の狭間で筆を進めるうち、


私であって私じゃない、

彼ら自身であって彼らではない人たちが8人、生まれました。



「わかるわかるー! うわー嫌なやつー!!」と思う反面

「いやそうなのかー愛おしいー!!」の繰り返しで、

稽古では気付かなかったことも多くて、

何だか今でも、思い出すともう一度会いたいな、と思います。


その思い入れに殺されて、たくさんのことを忘れたりしていたんですけど。



書きたいこと、伝えたいこと、たくさんあります。

でもそれは、たぶん演劇という一期一会の場ではナンセンスなことで、

だからこそ、当たり障りのないくらいに、ブログで消化していきたいと思います。


多分長くなるので、もうちょっと、続きます。

次は、桎梏ブランコを観に行きたくなる20の情報の、答え合わせをしようと思います。


ちなみに嘘は、書いてないですよ、笑

0コメント

  • 1000 / 1000