『桎梏ブランコ』インタビュー①小林桃香


今公演のインタビュー企画は、メンバーそれぞれに『桎梏ブランコ』について、そして高校時代の話などを伺っていきます!


まず第一回は!小林桃香さんです。



よろしくお願いしまーす。




さて早速ですが、『桎梏ブランコ』どんなお話ですか?


フレッシュな話かなぁ…

この年代の人だから書く物語って感じがしますね、推測ですけど…




桃香さんは前回公演『白に色づく』ではヒロイン役でしたが、今回はどんな役を演じるんですか?


物語を探っていく役ですかね。何も知らなくて、知りたくて、知ろうとする人。

今まで演じてた"ヒロイン"って感じの女の子じゃなくて、ぶっきらぼうで、けっこう素の自分に近いですね。




『桎梏ブランコ』の舞台は高校の文芸部ですが、桃香さん自身は高校生時代、どんな風に過ごしていました?


色々やってましたね。バンドやって、柔道部やって、軽音楽部やって演劇部やって…

特に軽音楽部の方を活発にやってたんですけど、人数多くて、練習場所1つしかないので、週一しか活動できなかったんですよ。


だから、練習無い日はベンチで駄弁ってました。練習ある日も、終わったら、ベンチで駄弁ってました。


基本駄弁ってたんですね。


そうですね(笑)基本駄弁ってました。

でも、そういう時間がすごく楽しかったんだと思います。




そんな桃香さん、今まではどんな恋愛をしてきましたか?


私、好きな人沢山作りたいんですよね。

だから、高校時代に好きだった人、トータルで10人くらいいます。

1つの場所に、1人は好きな人作ってましたね。


なんだろう、船乗りみたい…


(笑)やっぱり「好き」って気持ちは、何よりのモチベーションになりますからね。




ちなみに、露と枕のメンバーで、付き合うなら誰?


晴さん!

ただただ素敵で好きなんですよ。ファンなの。




あ、そういえば、『桎梏ブランコ』桃香さんはどうやって略します?


『しこブラ』!あ、『しっこブラ』でも可。

よくない?これ。


いいんですかそれ、なんというか、いいんでしょうか。


いいんじゃない?




最後に、『桎梏ブランコ』の意気込みを!


私個人を、いつもと違う感じで見せられたらなーと!あと、旗揚げ試演会なので、気合いは十分です…!!



ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

露と枕旗揚げ試演会『桎梏ブランコ』

【作・演出】井上瑠菜

【出演】月館森 澤あやみ 小林桃香 川久保晴 中野華子 奥泉 村上愛梨 井上瑠菜

【日時】2018.4/19(木)~23(月)

19日19:00・20日19:00・21日14:30/19:00・22日14:30/19:00・23日19:00

全7ステージ

【会場】早稲田大学大隈講堂裏劇研アトリエ

【料金】自由設定制

【予約】https://ticket.corich.jp/apply/90324/

【お問い合わせ】

Mail tsuyu.makura@gmail.com

twitter @tsuyu_makura

0コメント

  • 1000 / 1000