きたないはなし 

こんにちは。


 ネスカフェアンバサダーって定期的に口ずさみたくなります。

 井上瑠菜です。


 先に言っておくと今回は閲覧注意です。

 汚いお話。


 金曜土曜の電車の中というのは殺伐としております。

 この間も座組の華子と帰宅中、ドア付近に吐瀉物が存在していました。 

まだある分には良いのですが、目の前で嘔吐されるとビックリするものです。

 座ってると降ってくることもあるようです。(※華子談)  


あれって、何でクリーム色なんでしょうね。

 食べたものがそのまま出てくるけど、何か気持ち悪い。

 たまに赤かったりしますけどちょっとクリーム色要素があります。

 あの色が汚いっていうイメージを膨らませてるのか、臭いからなのか。

 どちらにせよ「汚いもの」に代わりはないわけで。


 私も飲み過ぎて吐いたことありますが、カシスウーロンは綺麗に出ました。 

ぐわんぐわんしながら「すげー。このまま飲めそう」とか思いました。 

モノとしては気持ち悪かったですけど。


 ただ、一回だけ本当に、「綺麗だな」って思ったものがあります。


 死ぬほど体調崩した数年前のある日出た、緑色の液体です。

 何かというと、胃液を出しきった後に出てくる胆汁だったんですけど、その緑色がけっこう綺麗で。

 メロンジュースなんて飲んでないぞ?とか思いながら、 想定してなかった緑が出たビックリと、汚いはずのものが綺麗になったときのビックリが入り交じって、一種の背徳感みたいな、何とも言えない気持ちになりました。

 今でも、強烈に印象に残っています。 


 電車とか路上のものが全部緑になったら、綺麗だなーとかなるんですかね。 ならないだろうけど!

0コメント

  • 1000 / 1000