インタビュー⑧佐藤ひかり

露と枕インタビュー。最終回は、佐藤ひかりさんです!

よろしくお願いしまーーーす。


小さいころから演劇をやっていたというひかりさん。どんなきっかけで演劇を始めたんですか?

“お兄ちゃんと同じ習い事に”ということで、北区AKT STAGEに入ったのがきっかけでした。でも当時引っ込み思案だった私は、演劇があんまり好きじゃなくて。土曜日が来るのが憂鬱でした…

でも中学校に入って部活でやるようになってからは、結構楽しくなってきて。高校は違う部活だったんですけど、大学ではまたやろうって決めていました。


高校時代の部活が『鹿島神流武道部』ということですが、どんな部活だったんですか…?

木刀で戦ったり、合気道やったり見たいな部活でした。いわゆる総合武道です。全国で部活は3つしかないと聞いて、珍しさに惹かれて入部しました。

めちゃくちゃきつかったです…


どうして早大劇研へ…?

演劇をやろうとは思っていたものの、劇研に入るつもりはありませんでした。でも、いろいろなサークルを回っているうちに「早大劇研はやばい」って聞いて。怖いもの見たさでお試しに一度だけいってみたんです。そうしたら本当に新人担当(井上瑠菜)が格好良くて…ほかの先輩方も、それぞれ強い個性を持っていて、魅力的で。自分を試してみたいと思って入ることを決めました。


自分の強みは何だと思いますか?

声、キャラクター性かなぁと思います。

モノマネとかも得意です。


やってみたい役とかありますか?

キャラの強い悪役がやってみたいです!

ヤッターマンのドロンジョ一味や、ポケモンのロケット団みたいな、悪役だけど憎めないような役回りに憧れがあります。


今後は、どんなビジョンを描いていますか?

幸せな家庭を築いて、マルチーズと一緒に暮らすのが夢です!



・・・人生のビジョン、いただきました。


あ、露と枕では、起承転結の転のカギを握るような役を演じてみたいです。

出身は江東区。どんなところですか?

すごくきれいですごしやすい街だと思います。スナモっていうショッピングセンターとか、アリオとかカインズとか、大きめできれいなお店もそろっているし、すごく暮らしやすいですね。

お台場が江東区だって、この前知ったんですけど。


最後に、白に色づくの魅力は・・・?

キャラクターそれぞれに割り当てられた「色」に注目しながら見てほしいです!

私は!ピンクでーす!


------------------ 

露と枕旗揚げ試演会『白に色づく』 

【作・演出】井上瑠菜  

【出演】小林桃香、澤あやみ、月館森、中野華子、川久保晴、奥泉、佐藤ひかり  

【日時】2017年12月7日(木)~11日(月)

7日19:00・8日19:00・9日14:30/19:00・10日14:30/19:00・11日19:00

全7ステージ 

【会場】 早稲田大学大隈講堂裏劇研アトリエ 

【料金】自由設定制 

【ご予約】 https://ticket.corich.jp/apply/87124/

【お問い合わせ】 

Mail tsuyu.makura@gmail.com 

twitter @tsuyu_makura


0コメント

  • 1000 / 1000