インタビュー⑦奥泉

インタビュー7回目は、奥泉さんです。

お願いします。


えーと、まず初めに。奥泉さんは「奥泉が名字」なのか「奥が名字で泉が名前」なのかどっちなんでしょうか。

あの、あれですね。奥泉でひとつの名前です。なんだろう、「瑛太」とか「杏」とか。


それなら普通、下の名前では?


あー。




…えーと、まあ、気を取り直して。
大学3年で劇研へ入会。演劇を始めたきっかけって何だったんですか?

高校時代に「ラーメンズ」っていうコントユニットが大好きだったんですよ。

芸人さんのコントとは違って、演劇チックな、世界観の中に織り込まれた笑いが好きで。シュールな笑いにあこがれていました。

演劇を意識し始めたのは、大学に入ってからです。大学に入って、友人たちから演劇とかミュージカルとかの公演の案内をもらう事が多くなって、観に行くたびに、本当に楽しそうだなって。

色々な事を考えたんですけど、気が付いたら劇研の門をたたいていました。


劇研に入って、夏の新人訓練・新人試演会はどうでした?

しんどかったけど、本当に楽しかったです。

ただ、やっぱり芝居の面でも、笑いの面でも、もっとうまくやりたかったなという心残りもあります。特に笑いに関しては、日常でも意識してたりするので、それをもっと出し切りたかった。


憧れの役者さんはいますか?

小林賢太郎さん・生瀬勝久さんが、やっぱり好きです。キャラが濃い悪役とかが出来る人。


そんな感じの役者になりたい?

そうですね。悪役、というか名脇役みたいな人になってみたいなと思ってます。コミカルさは忘れず、見た人の印象に残るようなキャラクターを持っていられればと思います。


その髪型も個性派への第一歩ですか?

これはどちらかというと、必要に迫られて、みたいな感じです(笑)

天然パーマがひどくて、短髪にすると、おばちゃんみたいなパンチパーマになってしまうんですよ。逆に縮毛矯正したら、タラちゃんみたいになっちゃって。結果辿り着いたのがこの髪型です。

出身は埼玉県。魅力ってありますか?



……ねぎ?

ねぎ。


あ、あとは物がある田舎なところ。東京が近いから、程よく田舎なんだけど不便に見舞われることがないのはいいなって思ってます。


それでは最後に、『白に色づく』の見所を教えてください!

語りすぎないところです。言葉になっている部分と共に、余白も味わってもらえれば、と思います。


------------------

露と枕旗揚げ試演会『白に色づく』

【作・演出】井上瑠菜

【出演】小林桃香、澤あやみ、月館森、中野華子、川久保晴、奥泉、佐藤ひかり

【日時】2017年12月7日(木)~11日(月)

7日19:00・8日19:00・9日14:30/19:00・10日14:30/19:00・11日19:00

全7ステージ

【会場】

早稲田大学大隈講堂裏劇研アトリエ

【料金】自由設定制

【ご予約】 https://ticket.corich.jp/apply/87124/

【お問い合わせ】

Mail tsuyu.makura@gmail.com

twitter @tsuyu_makura

0コメント

  • 1000 / 1000