インタビュー③澤あやみ

インタビュー第3回はあやみさんです。よろしくお願いします。


はーい。よろしくお願いします。


早速なのですが、あやみさんが演劇を始めたきっかけって何だったんでしょうか?

そうだなぁ…演劇を始めたのは中学校の時だったんですけど、そんなに深いことを考えて始めたわけじゃなかったですね。友達何人かと、ノリで入部して…。でもなんか、やっているうちに楽しくなってきちゃって、今でも続けている感じです。


高校時代は軽音部、どうして大学で劇研に入ったんですか?

高校は演劇部無かったから(笑)

大学ではまた演劇やろうかな、と思ってて「どうせ入るなら“つよそう”なところに入りたいなー」っていう動機で入りました。新人訓練はきつかったけど、どうせやるならと思って。周りもストイックだったから頑張れた、っていうのもあると思います。

まあでも、今に至るまで、ノリと勢いですね。


今後は演劇を、どんな風に続けていきたいですか?

色々なことに挑戦していきたいし、売れたいっていうのもあるにはあるけれど。一番は、やっぱり楽しく続けていきたいですね。


挑戦してみたい役とかありますか?

2つあります。すごい悪役と、おちゃらけた感じの役。今、ちょうど「ブラックリベンジ」っていうドラマがやってるんですけど、その主役の木村多江さんがやっている役と、佐藤二朗さんがやっている役がまさに!って感じですね。特におちゃらけた感じは、今まで自分が全然やったことない雰囲気なので、できたら楽しそうだなぁと思ってます。

そんなあやみさん。出身地は町田市ということで、

あ、今ちょっと鼻で笑ったな。町田市、すごいんですからね。

109もルミネもマルイもあるし、電車で新宿にも横浜にも一本で出られるし、田舎じゃないんですよ!


…まあ、治安悪いし映画館はないんですけど(笑)


美味しいものとかあります?町田市。

わからん。


じゃあ、町田市は置いといて、あやみさんの魅力の話を。
露と枕の中で、これだけは負けない!ってものはありますか?

声量と、迫力?かな。相手に「届ける」ことは得意なことかな、と思ってます。



さて最後に、ズバリ本作『白に色づく』の魅力は?

色々なことの「上手くいかなさ」だと思います。お互いを想っているのに、それがかみ合わないもどかしさ。

大事な役をもらったので、信頼にこたえて、しっかり演じていきたいと思います。


------------------

露と枕旗揚げ試演会『白に色づく』

【作・演出】井上瑠菜

【出演】小林桃香、澤あやみ、月館森、中野華子、川久保晴、奥泉、佐藤ひかり

【日時】2017年12月7日(木)~11日(月)

7日19:00・8日19:00・9日14:30/19:00・10日14:30/19:00・11日19:00

全7ステージ

【会場】

早稲田大学大隈講堂裏劇研アトリエ

【料金】自由設定制

【ご予約】 https://ticket.corich.jp/apply/87124/

【お問い合わせ】

Mail tsuyu.makura@gmail.com

twitter @tsuyu_makura


0コメント

  • 1000 / 1000